思春期から月経の悩みが

女性ホルモンは思春期から始まり、30年以上も続きますので、うまく付き合っていくことが重要になります。

思春期の月経痛は、子宮が未発達のために起こるということを理解しておかなくてはいけません。ある程度理解しておくことで、少しは和らいでくれると思います。
思春期は、まだ子宮が十分に成熟していないために、子宮の入り口が固く閉じています。そのため、月経血が押し出される際に強い痛みを感じやすいのです。

でも、思春期は、支給と子宮体部との割街がバランス良くならなければいけませんん。大人の女性に対して、長く、しかも硬いために、女性ホルモンの中で、エストロゲンの排出が多かったり、プロゲステロンがすくなったりと、崩れてしまうことで、月経の痛みなどが起こるわけですね。

このような痛みを和らげるために、女性ホルモンを整えるために、低用量ピルを服用するわけです。低用量ピルは避妊薬だけでなく、女性ホルモンを整え、月経痛やPMSなど、女性特有の悩みを和らげてくれるために、症状が悪化する前に、利用したいところです。