ホルモンが含まれている化粧品の効果

ホルモン導入の化粧品が有りますが、それは一体何を期待して利用をすれば良いのかと困惑することが有ります。

私がマーベロンを利用している理由としては、月経周期や妊娠を予防するためであり、化粧品でホルモンが吸収されることにより、どのようなメリットが有るのでしょうか?

女性ホルモン配合という基礎化粧品市販されているようですが、実際に女性ホルモンを補充して効果が出るほどの量は入っていないと言われています。つまり、広告や化粧品の表示に女性ホルモン配合と記載されて入るものの、実質としては効き目は何も期待ができないということになります。

それにたいして、超低用量ピルのマーシロンや低容量のピルは毎日のように服用することで、体内から作用が期待できるために、効果が現れます。

化粧品の場合は、お肌に塗ることで効き目に繋がるために、確かに作用はあったとしても、内側と比較してたらだいぶ作用は薄いです。訪問用の物質あるいはホルモンと同じような働きをする物質というなら、まだわかりますが、女性ホルモンそのものを化粧品に入れるのだとしたら合成そ物ので、これといった期待はできないと言われています。

香料や保存料などもたくさん入っていて、使うことによるメリットはほとんど無いとも考えられます。肌への効果が期待できるのは、他の成分を求めることが望ましくなると思います。

雑誌や広告、CMなどでホルモンの謳い文句には踊らされず、まずは気になる成分があれば徹底的に調べること。それでも直樹になる場合に試しに購入してみることが大事です。