女性ホルモンと年齢の変化

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。エストロゲンは主に女性らしさを作るホルモンで、思春期から分泌が盛んになります。

プロゲステロンは妊娠に関わるホルモンになりますね。

エストロゲンの役割として、肌の潤いを保ち、血管、骨を着くよし、物忘れの予防をしてくれます。それから、大社を則し、肥満を予防してくれる役割をしてくれます。

プロゲステロンについては、子宮内膜や子宮筋の働きを調節してくれます。乳線を発育し、血糖値を正常化する役割、体内の水分料を整え、睡眠などに関係してきます。

もともと女性ホルモンは卵巣で作られているのですが、卵巣がミヅから判断して作っているわけではありません。

卵の視床下部が血液中のホルモン状況を読み取り、下垂体に女性ホルモンを出して!!っと命令し、指令を受けた下垂体は性線刺激ホルモンを分泌し、それが卵巣に働き、女性ホルモンを分泌してくれるわけですね。