女性ホルモンと年齢の変化

公開日: : 未分類 , ,

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。エストロゲンは主に女性らしさを作るホルモンで、思春期から分泌が盛んになります。

プロゲステロンは妊娠に関わるホルモンになりますね。

エストロゲンの役割として、肌の潤いを保ち、血管、骨を着くよし、物忘れの予防をしてくれます。それから、大社を則し、肥満を予防してくれる役割をしてくれます。

プロゲステロンについては、子宮内膜や子宮筋の働きを調節してくれます。乳線を発育し、血糖値を正常化する役割、体内の水分料を整え、睡眠などに関係してきます。

もともと女性ホルモンは卵巣で作られているのですが、卵巣がミヅから判断して作っているわけではありません。

卵の視床下部が血液中のホルモン状況を読み取り、下垂体に女性ホルモンを出して!!っと命令し、指令を受けた下垂体は性線刺激ホルモンを分泌し、それが卵巣に働き、女性ホルモンを分泌してくれるわけですね。

関連記事

no image

PMSの悩みにマーシロンは効果的

生理の前に起こるPMS。 こちらは、主な原因としては、女性ホルモンの変動が考えられています。 た

記事を読む

no image

毎日服用することを習慣化すること

月経周期を保たせるためにマーシロンを選ぶことは正しい選択だと思います。ただし、開始を始めてから心がけ

記事を読む

no image

乳酸菌で腸を強くする

女性ホルモンにより様々な症状が起こります。その中の一つに過剰なストレスが起こることも。 カレイやス

記事を読む

no image

タバコとピルの関係

タバコを吸うことは百害あって一利なしです。よく聞くような言葉なんですが、つまりタバコを吸うところでメ

記事を読む

no image

ホルモンが含まれている化粧品の効果

ホルモン導入の化粧品が有りますが、それは一体何を期待して利用をすれば良いのかと困惑することが有ります

記事を読む

no image

初期の月経の症状

私が低用量ピルの服用を始めたのは月経痛を和らげるためです。 月経は中学生ぐらいから出血をはじめ

記事を読む

no image

普段とは違うホルモン

避妊薬として服用する人も多い低用量ピルですが、私はホルモンバランスの乱れを予防するために服用していま

記事を読む

no image

思春期から月経の悩みが

女性ホルモンは思春期から始まり、30年以上も続きますので、うまく付き合っていくことが重要になります。

記事を読む

no image

PMSの症状を受けやすい人とは?

普段の生活環境の中でストレスを活発に受ける人は、PMSになりやすいと言われています。 &nbs

記事を読む

no image

サイト運営

・メールアドレス ・運営情報 ・一言 トリキュラーやマーベロンを使

記事を読む

no image
ホルモンが含まれている化粧品の効果

ホルモン導入の化粧品が有りますが、それは一体何を期待して利用をすれば良

no image
タバコとピルの関係

タバコを吸うことは百害あって一利なしです。よく聞くような言葉なんですが

no image
毎日服用することを習慣化すること

月経周期を保たせるためにマーシロンを選ぶことは正しい選択だと思います。

no image
普段とは違うホルモン

避妊薬として服用する人も多い低用量ピルですが、私はホルモンバランスの乱

no image
乳酸菌で腸を強くする

女性ホルモンにより様々な症状が起こります。その中の一つに過剰なストレス

→もっと見る

PAGE TOP ↑