PMSの症状を受けやすい人とは?

普段の生活環境の中でストレスを活発に受ける人は、PMSになりやすいと言われています。

 

もともと個人差が大きいPMSですが、同じ人でも、心身のストレスがたまっていると症状が強く出やすくなる。心が元気であれば多少の落ち込みや体の痛みも気にせずに過ごせると思う。疲れていたり、精神的な悩みがあると、ネガティブなことに体も心も敏感になる、より症状を強く感じやすいのですね。

 

特に、ストレスを受けやすい環境として、仕事や家事、育児などでストレスを強く感じたり、几帳面で細かいことを気にしてしまう人。心をひらいて話せる相手がいない、体調の変換に敏感、あとは生活が不規則で、冷え性の人にストレスを過剰に受けやすいということがわかっています。

 

このような症状はあくまでも一例ですが、もしそのままにしていると、より悪化するおそれがあるために、普段の生活の中でできるだけストレスを溜めない環境づくりを意識的におこなうことが重要になります。

 

ストレスは目では見えないものなので、徐々に増えてしまうこともあるので、ある程度は心がけつつ、PMSや生理を改善させて、過ごしやすい日々をジブンドクジに作り上げていくことが大事になると思います。