PMSの症状を受けやすい人とは?

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 未分類 ,

普段の生活環境の中でストレスを活発に受ける人は、PMSになりやすいと言われています。

 

もともと個人差が大きいPMSですが、同じ人でも、心身のストレスがたまっていると症状が強く出やすくなる。心が元気であれば多少の落ち込みや体の痛みも気にせずに過ごせると思う。疲れていたり、精神的な悩みがあると、ネガティブなことに体も心も敏感になる、より症状を強く感じやすいのですね。

 

特に、ストレスを受けやすい環境として、仕事や家事、育児などでストレスを強く感じたり、几帳面で細かいことを気にしてしまう人。心をひらいて話せる相手がいない、体調の変換に敏感、あとは生活が不規則で、冷え性の人にストレスを過剰に受けやすいということがわかっています。

 

このような症状はあくまでも一例ですが、もしそのままにしていると、より悪化するおそれがあるために、普段の生活の中でできるだけストレスを溜めない環境づくりを意識的におこなうことが重要になります。

 

ストレスは目では見えないものなので、徐々に増えてしまうこともあるので、ある程度は心がけつつ、PMSや生理を改善させて、過ごしやすい日々をジブンドクジに作り上げていくことが大事になると思います。

関連記事

no image

ホルモンが含まれている化粧品の効果

ホルモン導入の化粧品が有りますが、それは一体何を期待して利用をすれば良いのかと困惑することが有ります

記事を読む

no image

PMSの悩みにマーシロンは効果的

生理の前に起こるPMS。 こちらは、主な原因としては、女性ホルモンの変動が考えられています。 た

記事を読む

no image

初期の月経の症状

私が低用量ピルの服用を始めたのは月経痛を和らげるためです。 月経は中学生ぐらいから出血をはじめ

記事を読む

no image

女性ホルモンと年齢の変化

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類がありま

記事を読む

no image

普段とは違うホルモン

避妊薬として服用する人も多い低用量ピルですが、私はホルモンバランスの乱れを予防するために服用していま

記事を読む

no image

思春期から月経の悩みが

女性ホルモンは思春期から始まり、30年以上も続きますので、うまく付き合っていくことが重要になります。

記事を読む

no image

乳酸菌で腸を強くする

女性ホルモンにより様々な症状が起こります。その中の一つに過剰なストレスが起こることも。 カレイやス

記事を読む

no image

サイト運営

・メールアドレス ・運営情報 ・一言 トリキュラーやマーベロンを使

記事を読む

no image

毎日服用することを習慣化すること

月経周期を保たせるためにマーシロンを選ぶことは正しい選択だと思います。ただし、開始を始めてから心がけ

記事を読む

no image

タバコとピルの関係

タバコを吸うことは百害あって一利なしです。よく聞くような言葉なんですが、つまりタバコを吸うところでメ

記事を読む

no image
ホルモンが含まれている化粧品の効果

ホルモン導入の化粧品が有りますが、それは一体何を期待して利用をすれば良

no image
タバコとピルの関係

タバコを吸うことは百害あって一利なしです。よく聞くような言葉なんですが

no image
毎日服用することを習慣化すること

月経周期を保たせるためにマーシロンを選ぶことは正しい選択だと思います。

no image
普段とは違うホルモン

避妊薬として服用する人も多い低用量ピルですが、私はホルモンバランスの乱

no image
乳酸菌で腸を強くする

女性ホルモンにより様々な症状が起こります。その中の一つに過剰なストレス

→もっと見る

PAGE TOP ↑